日本のはじまり周遊記ロゴ

歌聖 人麻呂がみた「山の辺」 柿本人麻呂ゆかりの地と記紀万葉の歌碑探訪

175view

 万葉集の代表的な歌人、柿本人麻呂。歌聖として万葉集に多くの歌を残されており、山の辺の地域に少なからず縁がある人物であるとも考えられています。

妻を失った悲しみの衾道の歌をはじめ、人麻呂の歌集に綴られた山の辺の季節の移ろいを描いた歌など、沿道には多くの歌碑が建立されています。三輪山と連なる青垣山から沸き立つ雲、山裾から流れ出るせせらぎの音、穏やかに流れる四季の移ろいなど、古より変わることのない山の辺の豊かな自然や風土からは、人麻呂も見たであろう万葉の世界を感じることができます。


約12km 所要時間:約4時間
※上記の表記時間は目安です。食事等の時間は含まれていません。

おすすめスポット

ページトップ